福岡発達障がい者親の会「たけのこ」

「うちの子ってほかの子とちょっと違う?」
「園や学校の中で困ってるみたい」「ちょっと気になるけど誰にも相談できない
そんな悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

同じ悩みを持つ親同士が支えあい学びあいながら、子どもたちが個性と可能性をすくすくと伸ばしていく、そんな親の会をめざして。
福岡発達障がい者親の会「たけのこ」は、

個性豊かな子どもたちとその保護者が一緒に楽しく活動しています。

 

 

「たけのこ」という名前は、個性豊かで不揃いな子ども達が、空に向かってスクスク伸びていくことを願って名づけられました。

一人で悩まないで、 同じ悩みを持つ「たけのこ」の仲間たちと 一緒に活動しませんか?


「うちの子だけ、どうして違うの

「子どものことが心配でも誰にも相談できない」

そんな悩みを抱えたお母さんたちが、子どもたちの個性に向かい合い、親も子もたけのこのようにすくすくと伸びていく、そんな会を目指して立ち上げた「たけのこ」。

 

自治体の皆様、企業の皆様、医療・教育の専門の先生など様々な方々に支えられながら、30年間子供たちと二人三脚で歩んでまいりました。

 

30年の間に培った様々なネットワーク、経験という財産のもと、ここにはいろいろな壁を乗り越えてきた先輩たちや一緒に悩みを分かち合い、ともに歩んでいける仲間がいます。

 

一人で悩まないでください。たけのこでは入会相談会を行っています。

入会をご希望の方、入会相談会参加希望の方、また、たけのこの活動についてご質問のある方は、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

※個人的なご相談やアンケート協力、宣伝等は対応できかねます。

うちの子って…なんか違う?ちょっと気になる…

子育てに困っていませんか?


こんなことで困っている子どもたちはいませんか?



同じ悩みを持つ親同士だからこそ思いを分かち合い、悩みを一緒に解決しながら成長できる。

それが福岡発達障がい者親の会「たけのこ」です。

 

 

■たけのこの活動


福岡発達障がい者親の会「たけのこ」では、小中高グループ、青年グループの各年齢に分かれて、勉強会やレクリエーションなど様々な活動を行っています。またグループの枠を超えた交流やサークル活動なども行うほか、発達障がいについての理解を広げ、子供たちがさらにいきいきと過ごせる社会にするために様々な情報発信も行っています。

専門の先生方をお招きし、勉強会を行っています。

 

今困っていること、学びたいこと、より知識を深めたいことなどについて専門の先生から直接お話を伺うことができる勉強会を定期的に行っています。保護者だけでなく子どもたちについても、料理や社会生活など様々な学ぶ場を用意しているのも親の会の魅力のひとつです。

様々なレクリエーションを通して、会員や子供たち同士の交流を深め、笑顔の輪を広げています。

 

各グループやサークルにおいて、キャンプやサイクリング、ハイキング、スケート、料理、クリスマス会など様々なレクリエーション活動を行っています。

外部の方も参加できる講演会を行い、情報を発信しています。

 

発達障がいについて、社会に理解を広げていくために定期的に講演会などを開催しています。また外部機関とも連携しながら、発達障がいに関する様々な啓もう活動を行っています。

具体的にはこんな活動をしています


全体の活動


●総会/年1回 
●役員会/月1回(8月を除く)
●合同例会
 ●しゃべりば
●会報の発行/年3回


グループ活動


小中高グループ、青年グループに分かれ、
活動を行っています。
●活動内容/勉強会、研修会、
  レクリエーション(キャンプ、調理実習、
  スケート、ボウリングなど)、懇親会など


講演会・勉強会


●専門の講師の先生による講演会
●先輩のお母さんの話を聞く
●啓発・教育・就労・地域連携など


contents